病院案内

ご挨拶

理事長挨拶 横川 秀男

理事長:横川秀男
理事長: 横川 秀男

佐々総合病院は、明治41年、1世紀以上前にここ田無に開業いたしました。その間、地域にしっかりと根を張り、地域医療に力を注ぎ、平成21年からは戸田中央医科グループ(TMG)が経営を引き継ぎました。

西東京市は、自治体や医師会及び施設等が一体となって地域包括ケアシステムを構築しており、その輪の中で当院は救急施設病院として急性期医療の一端も担っています。平成29年1月からは、さらに質の高い医療の提供を目指し、鈴木隆文が七代院長に就任いたしました。今までのよき伝統を継承しつつ、新しい組織体制を構築、地域と現在の医療情勢に見合った病院に成長してまいります。また、皆様の声とTMG理念である「愛し愛される」病院作りを大切に、真摯な姿勢で職員一同努力してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

院長挨拶 鈴木 隆文

院長:鈴木隆文
院長: 鈴木隆文

新たな年2017年は、2016年にも増して社会の激動が予想され、医療の世界でも変化への対応が求められることになりそうです。
佐々総合病院におきましても、新年より横川秀男理事長のご推挙のもと 松田幸義事務部長、片岡恵子看護部長とともに、私が病院運営の指揮をとらせていただくことになりました。

佐々総合病院は、108年の歴史があり、地域にはなくてはならない病院のひとつであると自負しております。このような病院の指揮を執ることは身に余る重責ではございますが、歴代の院長先生方(創設者である歴代の佐々院長、平塚秀雄顧問、竹内俊二顧問、藤間利之名誉院長)の目指してきた理想を追求、実現するため粉骨砕身の努力を傾注していく所存でございます。

種々の課題が山積する中で、私が特に実現したいことは、3つあります。
1つは、外科医として自身およびチームを育成し、急性期医療を通じて一人でも多くの患者さんの病状改善に寄与することです。これは、3年前に赴任して以来、スタッフに恵まれ、腹腔鏡下手術の導入を中心に、徐々に目標に近づいておりますが、引き続き一外科医として精進してまいります。また、各科診療責任者である内科系 藤間利之名誉院長、循環器内科 池田篤史医師、小児科 山岡功児医師、整形外科 石田将也医師、脳神経外科 島田篤医師、泌尿器科 加瀨浩史医師、産婦人科 嘉治真彦医師、救急科 古川達也医師には、それぞれの科が本来あるべき姿をもう一度診療科内で検討していただき、病院全体として診療体制の再構築に向けて取り組んでいきます。
2つ目は、私が西東京市の田無第一中学校出身で地域を身近に感じていることもあり、災害医療を含めた西東京地域の地域トータルヘルスケアシステムの構築の実現です。これは、現在も地域連携を通じて実現に向けて動いていますが、これからも患者さん目線での意見交換やグループ病院、西東京および周辺医師会からご指導をいただき進めていきたいと考えております。
3つ目は、いかに目標達成が大事とはいえ、医療はチームプレーであることを忘れることなく、患者さんはもちろんのこと職員を含むすべての皆さまが満足し、プライドをもって働ける病院、職場づくりです。

これらはいずれも簡単に結果が出るものではありませんが、新たに副院長として幹部に加わった古川達也医師、中西陽一医師、島田篤医師、の3名の他、新医局長の加瀨浩史医師をはじめとするスタッフ全員の力を借りながら目標達成を実現していきたいと考えております。
最後になりますが、諸先輩方のご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。