診療科目

麻酔科

麻酔科

はじめに

手術室3室にて、年間1000症例を超える外科手術を麻酔管理しています。日本麻酔科学会 指導医二名の常勤医師に加え、専門医以上の資格をもつ非常勤医師一名も加わり、各部屋に必ず一名の麻酔科医師がいる体制を整えています。また、夜間などの緊急手術においても、専門医以上の麻酔科医師で待機制を敷き、24時間、患者様が安全にかつ快適に手術を乗り越えられるよう、手術室看護師と共に努めています。

術前の麻酔科外来について

昨今の日本における超高齢化社会の訪れ。世界的な医療技術の進歩・発展・革新。こうした背景から、以前では手術適応とならなかったようなご高齢の患者様や重度の合併症をお持ちの患者様も、現在では安全に手術を受けられるようになりました。その一方、私たち麻酔科医師にとって、既往歴・合併症などを含む、いわゆる患者様の全身状態を把握することがとても複雑で難しくなってしまいました。患者様それぞれに合った麻酔方法を選択し安全に管理する上で、事前の情報収集は欠くことのできないものです。手術までの限られた時間において効率的に患者様の状態を理解し、外科医師、看護師らスタッフと情報を共有し連携するために、全国的に「麻酔科 周術期外来」の開設が広まっています。当院でも、術前の麻酔科外来を設置しております。患者様およびご家族様に受診していただき、直接お話をお聞きし、また検査結果や麻酔方法についてご説明させていただくことで、意思疎通を深め、より円滑で安全な麻酔管理につなげさせていただいております。

手術室における麻酔管理について

患者様が快適かつ安全に手術を受けられるよう、呼吸・循環・麻酔レベルを確認しながら全身管理を行います。常勤医師二名、それぞれが異なる大学病院で長年研修しておりました。二人の経験から、患者様の安全を約束するうえで必要と思われる関連器材は一通り揃えております。また手術室看護師は、先にお話しした麻酔科外来においても患者様と直接関わり、情報共有しております。外科医師はもちろん、麻酔科医師、手術室看護師、みなが周術期管理チームとして一丸となり、手術中の患者様の安全をサポートいたします。

術後の麻酔科回診

手術後、基本的に全ての患者様のもとへ麻酔科医師が伺い、術後診察を行っています。術後の鎮痛状態を評価し、術後合併症の早期発見に努めています。患者様の早期離床・退院へ向けて、その障害となるような麻酔関連の症状がないか、評価を続けていきます。

おわりに

いくら医療技術が進歩したといっても、いまだに外科手術は患者様にとって大きなストレスであることは間違いありません。不安にならない方などおりません。しかしその一方、一昔前に比べると、きちんとしたガイドさえいれば格段に安全に乗り越えられる山となりました。私たちは、これからも患者様の案内人として、周術期の安全サポートに努めていきます。いつでもご相談ください。

診療担当医表

診療担当医表PDF

更新日時:

診療担当医表PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。(無償)

医師紹介

  • 役職 部長

    木下 真帆Kinoshita Maho

    診療科麻酔科

    資格医学博士
    日本麻酔科学会麻酔科指導医
    日本麻酔科学会麻酔科専門医・標榜医
    厚生労働省臨床研修指導医
    厚生労働省医師緩和ケア研修会修了

    経歴平成13年 徳島大学卒業
    平成13年 千葉大学医学部附属病院 小児科入局
    平成14年 東京都立墨東病院 小児科
    平成15年 東京女子医科大学 麻酔科学教室
    平成15年 埼玉県済生会栗橋病院 麻酔科
    平成17年 東京女子医科大学 麻酔科学教室
    平成18年 総合守谷第一病院 麻酔科
    平成20年 東京女子医科大学 麻酔科学教室
    平成21年 ウィスコンシン大学 マディソン校麻酔科リサーチフェロー
    平成23年 東京女子医科大学 麻酔科学教室
    平成29年 佐々総合病院

  • 役職 医長

    上田 要Ueda Kaname

    診療科麻酔科

    資格医学博士
    麻酔科専門医・標榜医
    日本ペインクリニック学会専門医
    小児麻酔認定医

    経歴平成18年 日本大学卒業
    平成18年 日本大学医学部附属板橋病院 総合臨床研修医
    平成20年 日本大学医学部附属板橋病院
         埼玉県立小児医療センター
         (平成25年11月~平成26年4月)
    平成29年 佐々総合病院