診療科目

脳神経内科

脳神経内科では、“頭痛” “めまい” “しびれ” “ふるえ” “物忘れ” “歩行障害” など様々な神経症状でお困りの患者様のために適切な診断・治療が行えるよう努めてまいります。
片頭痛、脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病、アルツハイマー型認知症、てんかんなどの神経疾患について広く診療をさせていただきます。 
患者様にやさしい、安全、高度な医療を心がけてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

脳神経内科について

脳神経内科は、脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。症状としては、しびれやめまい、力が入らない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害などあらゆる神経の症状の方を診療いたします。
神経の症状では、まず、脳神経内科を受診していただき、病気を見極め、治療をいたします。疾患によっては、整形外科や脳神経外科、精神科、耳鼻科をご紹介することもあります。

当院の特色

「頭痛」「めまい」「しびれ」「歩行障害」「物忘れ」などでお困りの患者さんに、ていねいな医療、また広く内科的視野をもったやさしい脳神経内科診療を目指しています。
あらゆる神経の症状について、親身になって、改善するまで診療をしていきます。

◆頭痛について
頭痛でお困りの方の中には、片頭痛の方が多くいらっしゃいます。片頭痛には予防の薬がありますし、片頭痛によく効く薬が開発されています。注意すべきこととして、市販の鎮痛剤は飲みすぎないこと。1か月に10回以内にすること。飲みすぎると頭痛がかえって悪化してしまいます。

◆めまいについて
めまいというと耳鼻科を受診する方が多いのですが、実際には、脳神経内科で診療すべき方も多いのです。片頭痛に伴うめまいも多いので、頭痛があるめまいの方はぜひ、脳神経内科を受診してみてください。

◆しびれについて
ビタミン不足、糖尿病、頸椎・腰椎障害が原因のことがあります。脳神経内科を受診して血液検査、レントゲン検査などを受けてみることをお勧めします。

◆物忘れ、歩行障害など
治療可能な場合も多いです。決してあきらめることなく、脳神経内科で診断・治療をしていきましょう。

診療担当医表

脳神経内科

午前午後
南里和紀
南里和紀
南里(24日休診)
南里和紀

※4月より水曜日(午後)の診療を始めます。

診療担当医表PDF

更新日時:

診療担当医表PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。(無償)

医師紹介

  • 役職 部長

    専門分野 神経内科全般

    南里 和紀Nanri Kazunori

    診療科脳神経内科

    資格医学博士
    日本内科学会認定内科医
    日本神経学会専門医

    経歴昭和60年 東京医科大学卒業
    昭和60年 東京医科大学病院内科学第三講座臨床研修医
    平成8年 フランス国立科学研究センター脳血管研究所
    平成14年 東京医科大学八王子医療センター 神経内科科長
    平成21年 東京医科大学八王子医療センター 副病院長(平成25年まで)
    平成23年 東京医科大学教授 内科学第三講座
    平成25年 東京医科大学教授 神経内科
    平成29年 東京医科大学兼任教授 神経内科
    平成29年 東大和病院 神経内科科長
    平成29年 佐々総合病院