診療科目

形成外科

はじめに

平成30年1月から佐々総合病院に形成外科が開設されました。地域の皆さまのさまざまなニーズに広く長く応えてまいりたいと思います。よろしくお願い申し上げます。

形成外科ってどんな科?

形成外科が日本の医療に取り入れられて半世紀以上になりますが、形成外科についてはっきりとしたイメージがわかない方も多いのではないでしょうか。簡単に言い換えますと皮膚の病気やケガを外科的に治療する「皮膚外科」になるかと思います。

どんな病気、ケガを診ているの?

皮膚が診療対象になるため、多岐に渡ります。実際当院で診療しているものを中心にご紹介します。

◆皮膚・皮下腫瘍
皮膚の「できもの」を手術します。患者さんごとに部位や形がさまざまで、それに合わせた治療内容になるため、診察の上、詳しくご説明しています。

◆外傷・熱傷
特に顔面に負ったケガを専門的に診ています。なるべく早く、キレイに治るよう心がけています。顔の骨折も形成外科が担当します。

◆褥瘡・難治性潰瘍
褥瘡(床ずれ)や糖尿病・動脈硬化などに合併する難治性潰瘍を持つ患者さんが増えました。なかなか自然に回復しないキズはご相談ください。

◆陥入爪
足爪の端が食い込むように変形し痛みを生じます。ワイヤー矯正や手術を行っています。

◆瘢痕
ケガや手術で負ったキズあとのご相談も承っています。時間が経っていてもできる治療があることが多いです。その他にも眼瞼下垂症や副耳など多くの病気・ケガを取り扱っております。「これは形成外科で合っているのかな?」とあまり構えられず、お気軽にご相談ください。

おわりに

望んで病気やケガを負う人は誰もいません。喜んで手術を受けられる方もおりません。それでもやはりケガはしてしまいますし、病気を克服するために手術が必要になることもあります。
そうした時に形成外科が見た目やキズあとへの不安、心配を減らすお手伝いができればと思います。外来でお待ちしております。

診療担当医表

形成外科

午前午後
堀口(31日休診)堀口(31日休診)
堀口雅敏
堀口雅敏

診療担当医表PDF

更新日時:

診療担当医表PDFをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをダウンロードし、インストールしてください。(無償)

医師紹介

  • 役職 部長

    専門分野 形成外科全般

    堀口 雅敏Horiguchi Masatoshi

    診療科形成外科

    資格医学博士
    日本形成外科学会専門医

    経歴平成16年 順天堂大学卒業
    平成16年 順天堂大学医学部附属順天堂医院
    平成18年 群馬県石井病院
    平成19年 順天堂大学医学部附属順天堂医院
    平成23年 群馬県石井病院
    平成24年 順天堂大学医学部附属順天堂医院
    平成25年 戸田中央総合病院
    平成27年 順天堂大学医学部附属順天堂医院
    平成30年 佐々総合病院