健診センター

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診

子宮頸がん検診の現状

近年わが国で20~30代の若い女性が子宮頸がんや子宮頸部異形成に罹患する率は増加傾向であり、子宮頸がんの死亡者数は年間約3000人といわれています。
いわゆるがんの前段階とされる異形成の段階でキャッチしていれば、子宮頸がんに発展することなく早期に治療をすることができるのですが、日本での婦人科検診受診率は30%程度と低いというのが現状です。
月経以外の出血や閉経後に出血がある場合は病変がすでに進行している可能性があります。子宮がん検診を1~2年に1回定期的に受けていただくことをお勧めします。

当院の子宮頸がん検診の主な3つの特長

子宮頸がん検診

安心体制

佐々総合病院では、婦人科検診で頸部細胞診の異常が出た場合に、コルポスコピー(顕微鏡検査)診断のもと生検(組織の検査)を行い、子宮頸部高度異形成や子宮頸部上皮内がん(初期のがん)の病変に対しては治療をお勧めしています。 今後の妊娠を希望される患者様には、妊娠時のリスクを考慮した治療法をご提案します。
なお、精密検査の段階で進行がんの診断となれば、腫瘍専門医のいる専門施設への紹介をさせていただいています。

子宮頸がん検診の内容と費用

スタートキャンペーン中は、下記の金額となります。

子宮頸部細胞診+内診  5,400円→5,000円
子宮頸部細胞診+エコー+内診  8,640円→8,000円
子宮頸部細胞診+エコー+内診+HPV検査* 15,325円→14,000円

ご予約・お問い合わせ

佐々総合病院 健診センター 042-461-8383
(祝・祭日、年末年始を除く月~金曜日9時~17時)

受付場所は、1号館4階 健診センターです。ご受診の際はご注意ください。