看護体制

nursing

看護部の理念

「信頼される看護の提供」

私達の基本姿勢

  1. 安全を第一に考えてチームステップスを基本に行動します。
  2. 常に患者の立場に立って患者中心の看護を行います。
  3. 根拠に基づいた看護ケアを提供します。
  4. コミュニケーションを強化し、互いの信頼を高めます。
  5. チーム医療を強化し、在宅との医療連携に努めます。
  6. 積極的な研究活動により、看護の質向上に努めます。

看護部方針

佐々総合病院看護部のあるべき姿

佐々総合病院は、「急性期医療を通じて西東京地域に貢献する。」を掲げ、地域包括ケアシステムにおける急性期病院としての役割を維持推進していく方針を打ち出しております。
この実現に向けては、地域病院との医療連携の強化、在宅医療との連携を推進していかなくてはなりません。看護を行う私たちも急性期病院の役割を果たすべく、「チーム力の強化」「看護職の役割拡大」「在宅との医療連携」「看護職の能力開発」により、看護師として患者が「生きる力を引き出せるよう」に看護を提供し、患者家族からの信頼を得ることで自己のやりがいや充実感を得ていくことが大切です。質の高い看護の連鎖は看護部全体の力となり、院内全体の質向上につながるものと考えます。

看護部概要

入院基本区分 一般病床 7:1
看護単位 病棟5単位・重症管理室・手術室・外来
勤務形態 2交替 日勤:8:30~17:00/夜勤:16:30~9:00
フレックスタイムあり(日勤常務・夜勤専従など、さまざまな勤務形態がありますのでご相談ください)
4週8休
看護方式 モジュール型看護方式
記録制度 NANDA看護診断(オーダリングによるNNN入力)クリニカルパス

佐々訪問看護ステーション

在宅での介護をサポートし、専門的な視点で在宅看護を行う訪問看護ステーション。地域の病院・診療所との連携を図るための調整をする医療連携課。ご家庭や療養施設に帰られる方へのサポートを行う医療相談室。佐々総合病院では、地域や在宅との良い関係作りに努力したいと考えております。