子宮筋腫・卵巣嚢腫

Uterinefibroid-ovariancysts

子宮筋腫とは?

子宮にできる良性の腫瘍です。30代以上の女性の約30%に認められるといわれる比較的頻度の高い疾患です。
発生する原因は不明ですが、女性ホルモン(エストロゲン)の影響で大きくなるので閉経するまでは注意深い観察が必要です。
症状がなければ治療の必要性はありませんが、月経量が多い、月経痛が強い、月経期間が長い、腰痛などのつらい症状がある場合には治療を考えます。

子宮筋腫の治療法

ホルモン療法や子宮動脈塞栓術(筋腫を栄養する血管を遮断して筋腫への栄養を断つ)、収束超音波治療(超音波熱で筋腫を凝固壊死させる)、手術(腹腔鏡下もしくは開腹手術での子宮筋腫核出術、子宮摘出術)など筋腫の状態に応じて治療があります。
当院ではホルモン療法(エストロゲン分泌を抑えるGnRHa療法や黄体ホルモン療法、子宮内へのミレーナ留置など)と手術が可能です。
手術に関しては病態に応じて負担の少ない内視鏡手術(腹腔鏡手術、子宮鏡手術)を積極的に行っています。
子宮筋腫

卵巣腫瘍とは?

卵巣腫瘍は卵巣内にできる腫瘍で、良性、境界悪性、悪性腫瘍の分類があります。無症状であることが多いのが特徴です。そのため健診や他の科を受診した際に指摘されることがあります。
卵巣腫瘍が捻じれたり(捻転)、内容液がお腹の中に漏れたりする(破裂)と急激な下腹痛や吐き気などが起こり、緊急での手術が必要となることもあります。
また巨大な卵巣腫瘍になると腹部の圧迫感を感じる場合もあります。

卵巣腫瘍の治療法

当院で治療を行っている卵巣の良性腫瘍の多くは、卵巣嚢腫とよばれ卵巣内にできた袋の中に液体がたまった腫瘍です。
中にたまった液体により漿液性(水のような液体)、粘液性(粘調な液体)、皮様嚢腫(脂肪や毛など)、子宮内膜症性(古い出血)などの分類があります。
内膜症以外の卵巣嚢腫は薬物療法では治らないので、大きさが5~6cmを超えると捻転や破裂を避けるために手術を選択します。
手術は悪性が疑われる所見がなければ基本的には腹腔鏡下手術を選択します。卵巣嚢腫核出術(腫れている部分のみ切除)、もしくは付属器切除術(腫れている卵巣と卵管を切除)を選択します。
卵巣嚢腫