部署案内

リハビリテーション科

リハビリテーションとは病気やケガをされて患者様が心身の機能を回復し可能な限り早期に家庭や社会に復帰できるよう支援する活動の総称です。

当院には現在、リハビリ専門職である理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が多数在籍し、個々の患者様のニーズに合わせたリハビリテーションを提供しております。
本格化する高齢化社会においてリハビリテーションの果たすべき役割はますます大きくなっていくと思われます。今後も当科ではリハビリテーション機能の強化を図り、より質の高いリハビリテーションの提供に努めて参りますのでよろしくお願いいたします。

理学療法(PT)
理学療法(PT)
理学療法は治療体操や手技等を用いることによって身体機能の改善を図り動作や歩行の獲得を目指します。
作業療法(OT)
作業療法(OT)
作業療法は各種作業を通じ上肢、手指機能の改善や食事、排泄、整容といった日常生活動作の向上を図ります。
言語聴覚療法(ST)
言語聴覚療法(ST)
言語聴覚療法は聴く、読む、話す、書くなどのコミュニケーション能力や食べる、飲むといった摂食・嚥下機能を高めます

施設基準

施設基準
脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
運動器リハビリテーションⅠ 
呼吸器リハビリテーションⅠ
心大血管疾患リハビリテーションⅠ 
がんリハビリテーション

認定資格等

認定資格等
呼吸認定療法士(岡根雄太)
介護支援専門員(小澤伸治 赤羽根栄子)
社会福祉士(前田千春)
福祉住環境コーディネーター2級(中村充秀 高野吉弘)
介護予防推進リーダー(中村充秀)
地域包括推進リーダー(小澤伸治)
MTAインストラクター(對馬翔)

CKTT(佐藤涼)
ピンクリボンアドバイザーー(島田かおり)

院外活動

院外活動

  • リンパ浮腫に対する複合セルフケア:市民公開講座(島田かおり)
  • がん患者術後における歩行要因について:東京都理学療法士協会北多摩ブロック学術集会(島田かおり)
  • 転倒予防教室:市民公開講座(小澤伸治 今井亮貴 平野良太)
  • 当院における患者のリハビリテーション意欲とイメージの違い:東京都理学療法士協会北多摩ブロック学術集会(阿部保奈実)

役職者・責任者紹介

小澤 伸治(科長)

[ 出身校 ]
高知リハビリテーション学院理学療法学科卒業
法政大学文学部卒業
国際医療福祉大学大学院医療経営管理コース修了
[ 資格 ]
理学療法士 介護支援専門員 h-MBA(医療経営学修士)
[ 研究業績 ]
・BSCによるリハビリテーション部門マネジメント(2009,2 理学療法ジャーナル 医学書院)
・リハビリテーション企業のための戦略(第42回日本理学療法学術大会)
・DPC施行病院におけるリハビリテーション部門の機能と役割(第45回日本理学療法学術大会)
・チーム医療における理学療法士(第48回日本理学療法学術大会) 他
[ 講演活動等 ]
・チーム医療実践論(帝京科学大学)
・医療経営管理論(臨床福祉専門学校)
・東京都理学療法士協会健康増進部部長
・西東京市介護認定審査員
・西東京市障害認定審査員

岡根 雄太(主任)

[ 出身校 ]
工学院大学工学部卒業
臨床福祉専門学校理学療法学科卒業
[ 資格 ]
理学療法士 呼吸認定療法士
[ 研究業績 ]
・ギャッジアップ座位時、背抜きが与える胸郭運動への影響(第32回関東甲信越ブロック理学療法士学会)
・東日本大震災による被災地でのボランティア活動を通じて(第2回東京都理学療法士協会北多摩ブロック術集会)

尾嵜 里佳(副主任)

[ 資格 ]
作業療法士

虎井 奈穂

[ 出身校 ]
国際医療福祉大学言語聴覚学科卒業
[ 資格 ]
言語聴覚士
[ 研究業績 ]
・当院のリハビリ対象患者における栄養評価の現状と今後の課題(2012 JSPEN)

赤羽根 栄子

[ 出身校 ]
早稲田大学文学部卒業
上智大学大学院言語聴覚研究コース修了
[ 資格 ]
言語聴覚士 介護支援専門員

[ 研究業績 ]
・失語症のリハビリテーション(道関京子編 第3版 医歯薬出版)
・3歳児から6歳児における複合名詞アクセント獲得(上智大学)
[ 講演活動他 ]
・嚥下障害とその対応(西東京市医師会)
・日本全体構造臨床言語学会理事