部署案内

リハビリテーション科


リハビリテーションとは病気やケガをされた患者様が心身の機能を回復し可能な限り早期に家庭や社会に復帰できるよう支援する活動の総称です。
当院には現在、リハビリテーション専門職である理学療法士(16名)、作業療法士(7名)、言語聴覚士(4名)が在籍し、個々の患者様のニーズ゙に合わせたリハビリテーションを提供しております。

理学療法(PT)

理学療法は、治療体操や手技等を用いることによって身体機能の改善を図り動作や歩行の獲得を目指します。
リハビリ

作業療法(OT)

作業療法は、各種作業を通じ上肢、手指機能の改善や食事、排泄、整容といった日常生活動作の向上を図ります。
リハビリ

言語聴覚療法(ST)

言語聴覚療法は、聴く、読む、話す、書くなどのコミュニケーション能力や食べる、飲むといった摂食・嚥下機能を高めます。
リハビリ

施設基準

リハビリ
急性期リハビリテーションに必要とされる施設基準を取得しております。

  • 脳血管疾患等リハビリテーションⅠ
  • 運動器リハビリテーションⅠ
  • 呼吸器リハビリテーションⅠ
  • 廃用リハビリテーションⅠ
  • 心大血管疾患リハビリテーションⅠ
  • がんリハビリテーション
  • 指定訪問リハビリテーション事業所

主な認定資格の取得状況

リハビリ

更なる専門性向上のため在職中のスタッフには資格取得を推奨しております。

  • 3学会呼吸療法認定士
  • 介護支援専門員
  • 社会福祉士
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護予防推進リーダー
  • 地域包括ケア推進リーダー
  • MTAインストラクター 他

地域貢献活動


院内のみならず対外的な公開講座等、積極的に取り組み地域への貢献を目指しております。また行政、医師会、東京都理学療法士協会等と連携し、介護予防事業、健康増進事業に参画しております。

    • 市民公開講座
      「転倒予防教室」
      講師:平野良太 今井亮貴 小澤伸治
    • 市民公開講座
      「本当に正しいですか?その運動~リハビリのプロが教える健康な身体づくり」
      講師:中村充秀他
    • 市民公開講座
      「もしかしてフレイルかも~体力測定で自分を評価しよう~」
      講師:佐藤涼 小野瀬直樹 多田梓
    • 市民公開講座
      「0円でできる腰痛管理~正しいストレッチと生活動作を学ぶ~」
      講師:長谷部里穂 佐藤康平他
    • 市民公開講座
      「認知症に備えよう~正しい知識と予防法~」
      講師:寳屋敷大輔 尾﨑里佳 山崎雪乃
    • 出張医療講座
      「本当に正しいですか?その運動~リハビリのプロが教える健康な身体づくり」
      講師:中村充秀他
    • 出張医療講座
      「介助のコツと生活リハビリ~自立支援を目指して~」
      講師:佐藤涼 小野瀬直樹 中村充秀
    • 出張医療講座
      「フレイル予防」
      講師:小野瀬直樹 多田梓 佐藤康平
    • 市民公開講座
      「セラピストによる女性のための健康講座~ラクラク家事と体操で、美しく健康に!~」
      講師:前田千春、尾﨑里佳
    • 市民公開講座
      「体力測定で健康チェックしませんか?~健康増進と介護予防に向けて~」
      講師:佐藤涼、小野瀬直樹、佐藤康平
    • 市民公開講座
      「あなたの嚥下は大丈夫?~言語聴覚士とチェック!誤嚥性肺炎を遠ざけるポイント~」
      講師:虎井奈穂、幅屋和佳子、江川恵、赤羽根栄子
    • 市民公開講座
      「痛みシリーズ1 肩の痛み予防のお話」
      講師:粕谷岳志、山崎雪乃

    地域活動

学術活動

リハビリ
学術活動を通じ、知識、技術の研鑽に努めております。

  • 「若年者高度大腿骨後方回転術後の術後可動域および筋力変化の検討 転子間湾曲内反骨切り術後との比較」
    小野瀬直樹 佐藤涼 長谷部里穂
    ―第45回日本股関節学会学術集会
  • 「大腿骨回転骨切り術後患者における退院時運動機能、ADLに影響を与える因子の特定」
    佐藤 涼
    ―東京都理学療法士協会北多摩ブロック学術発表会
  • 「当院での産後リハビリテーションと今後の展望」
    三田 優喜
    ―東京都理学療法士協会北多摩ブロック学術発表会
  • 「若年者に対する大腿骨後方回転骨切り術の理学療法」
    長谷部 里穂
    ―第37回東京都理学療法士学術大会
  • 「老人会に対する意識調査~結果から読み取るPTの今後の可能性~」
    小野瀬 直樹
    ―第37回東京都理学療法士学術大会
  • 「大腿骨高度後方回転骨切り術を施行し弾性包帯によりROM拡大が図れた症例」
    佐藤康平 佐藤涼 長谷部里穂 小野瀬直樹
    ―第38回東京都理学療法学術大会

チーム医療・専門リハビリテーション推進

リハビリ
より質の高いリハビリテーションを提供するため院内各専門チームに参画し活動しています。また科内においても専門リハビリテーションチームを編成し対応しております。

股関節リハビリテーション

当院では末期変形性股関節症に対する人工関節置換術、特定疾患の特発性大腿骨頭壊死症に対する大腿骨頭回転骨切り術を施行しています。股関節チームでは幅広い年齢層のライフスタイルに合わせたリハビリテーションを行います。

小児リハビリテーション

じっとしていられない、手先が不器用、体の使い方やバランスが悪い、言葉が遅いなどの心配に対して、発達評価、言語療法、運動療法を行います。楽しく遊びながらのリハビリテーションでお子様とご家族をサポートします。

産後リハビリテーション

全国的にも珍しいリハビリ専門職による産後リハビリを提供しています。産後のマイナートラブルである腰痛や尿失禁予防ついての指導、助言・実技を含めて少人数制で行っています。「お母さんが笑顔で元気でいましょう」と、子育てで時間が限られる中でお母さんの身体も大切にしてほしいとお伝えしています。

心大血管・呼吸リハビリテーション

心大血管・呼吸リハチームでは運動耐容能の改善とQOL向上、早期退院を目指して介入しいています。慢性進行性である高齢者心不全・COPD患者に対しては個別性を重視した包括的な退院支援に取り組んでおり、再入院の軽減に努めています。

がんリハビリテーション

がんリハチームでは周術期リハを中心に緩和ケアまでを幅広く行っています。周術期リハでは積極的な早期離床を図っており、緩和ケアではQODの質を高めることを目標に患者様の希望を第一に趣味を生かしたリハビリを提供しております。

認知症リハビリテーション

認知症の患者さんに対して、他職種と一緒に院内ラウンドを実施しています。その際、入院中の過ごし方やどのようにリハビリを進めていくかなどを相談し、患者様やご家族の生活に活かしていくことを目標にしています。

訪問リハビリテーション

訪問リハビリテーションは、利用者様のご自宅にリハビリテーションスタッフがお伺いし、主治医の指示の元、生活動作能力の維持・改善や、介護負担の軽減を目的としたリハビリを提供するサービスです。利用者様およびご家族様のご希望を踏まえつつ、生活の場でお一人おひとりに合わせたリハビリを行います。

NST・摂食嚥下リハビリテーション

NST(Nutrition Support Team:栄養サポートチーム)の活動に言語聴覚士と理学療法士が参加します。週に1度、医師をはじめ、看護師・管理栄養士・薬剤師・臨床検査技師と回診を行い、患者様の食事(食べる・飲み込む力)や、運動(筋力・持久力)の専門家として栄養療法を支えています。

役職者・責任者紹介

小澤 伸治(科長)

[ 出身校 ]
高知リハビリテーション学院理学療法学科卒業 
法政大学文学部卒業  

国際医療福祉大学大学院医療経営管理コース修了

[ 資格 ]
理学療法士 介護支援専門員 地域包括ケア推進リーダー h-MBA(医療経営学修士)
[ 研究業績 ]
・BSCによるリハビリテーション部門マネジメント(2009,2 理学療法ジャーナル 医学書院) 
・リハビリテーション起業のための戦略(第42回日本理学療法学術大会)  

・DPC施行病院におけるリハビリテーション部門の機能と役割(第45回日本理学療法学術大会)

・チーム医療における理学療法士(第48回日本理学療法学術大会) 他

[ 講演活動等 ]
・チーム医療実践論(帝京科学大学) 
・医療経営管理論(臨床福祉専門学校)  

・東京都理学療法士協会健康増進部部長

・東京都理学療法士協会西東京支部支部長

・西東京市介護認定審査員

・西東京市障害支援区分認定審査員

・西東京市地域自立支援協議会計画策定委員

寶屋敷 大輔(主任)

[ 出身校 ]
日本リハビリテーション専門学校作業療法学科卒業
[ 資格 ]
作業療法士

中村 充秀(副主任)

[ 出身校 ]
臨床福祉専門学校理学療法学科卒業
[ 資格 ]
理学療法士 呼吸認定療法士 地域包括推進リーダー 介護推進予防リーダー 福祉住環境コーディネーター2級

佐藤 涼(副主任)

[ 出身校 ]
専門学校社会医学技術学院理学療法学科卒業
[ 資格 ]
理学療法士 地域ケア会議推進リーダー NSCA-CPT
[ 研究業績 ]
・大腿骨頭回転骨切り術後患者における退院時運動機能やADLに影響を与える術前因子の特定(第8回東京都理学療法士協会北多摩ブロック部学術集会) 
・大腿骨頭後方回転骨切り術後の理学療法~効果的なアプローチの模索~(第56回戸田中央医科グループ学会)  

・若年者高度大腿骨後方回転術後の術後可動域および筋力変化の検討~転子間弯曲内反骨切り術後との比較~(第45回日本股関節学会学術集会)

尾﨑 里佳(副主任)

[ 出身校 ]
多摩リハビリテーション学院作業療法学科卒業
[ 資格 ]
作業療法士

虎井 奈穂(副主任)

[ 出身校 ]
国際医療福祉大学言語聴覚学科卒業
[ 資格 ]
言語聴覚士
[ 研究業績 ]
・当院のリハビリ対象患者における栄養評価の現状と今後の課題(2012 JSPEN)

赤羽根 栄子

[ 出身校 ]
早稲田大学文学部卒業 
上智大学大学院言語聴覚研究コース修了 
[ 資格 ]
言語聴覚士 介護支援専門員
[ 研究業績 ]
・失語症のリハビリテーション(道関京子編 第3版 医歯薬出版) 
・3歳児から6歳児における複合名詞アクセント獲得(上智大学) 
[ 講演活動他 ]
・嚥下障害とその対応(西東京市医師会) 
・日本全体構造臨床言語学会理事  

・日本全体構造臨床言語学会初級講習会

本格化する高齢化社会においてリハビリテーションの果たすべき役割はますます大きくなっていくと思われます。
今後も当科ではリハビリテーション機能の強化を図り、より質の高いリハビリテーションの提供に努めてまいりますのでよろしくお願いいたします。