平成30年度 佐々総合 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 34 62 212 327 285 338 435 757 1062 457
当院の入院患者さんは、全体の半数以上が70歳以上の方です。指標2の「診断群分類別患者数」の項目にありますように、内科・循環器内科・整形外科は、70~80歳代の方が多い傾向にあります。また産婦人科などの入院患者さんも多いため、他の急性期病院と比べて20~30歳代の方の入院も多いことが特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 116人 23.09日 20.92日 13.79% 87.92歳
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 85人 6.75日 5.10日 1.18% 70.39歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 67人 16.91日 12.58日 10.45% 81.16歳
060390xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2-なし 50人 8.06日 7.30日 0.00% 48.94歳
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 44人 15.43日 13.46日 4.55% 85.66歳
最も多い症例は、「誤嚥性肺炎」で、食べ物や唾液・痰などが気管に入ってしまうことが原因で起こる疾患です。特に飲み込む力が低下した高齢の方が多く、重症化しやすいため、当院では20日を超える平均在院日数となっています。
第2位は、「前庭機能障害」(めまいなど)で、救急患者さんが多く、救急科や神経内科で診療しております。
第3位は、「尿路感染症」で、平均年齢は80歳以上で高齢の方が多く、合併症などのため平均在院日数も長くなっております。
第4位は、「細菌性腸炎」で、若い方も多い疾患です。
第5位は、「肺炎(75歳以上)」で、平均年齢は85歳以上です。当院では早期の自宅退院に向けて、リハビリテーションを積極的に進めています。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 53人 2.40日 3.01日 0.00% 68.68歳
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 47人 19.72日 17.66日 8.51% 84.11歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 33人 3.88日 4.47日 0.00% 68.27歳
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1-あり 27人 2.00日 2.04日 0.00% 54.74歳
050130xx9910xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-1あり 手術・処置等2-なし 11人 17.55日 15.49日 0.00% 67.45歳
厚生労働省の死因別死亡確率のデータによれば、日本人の死因の第2 位は心疾患(高血圧症を除く)です。中でも狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患は、生活習慣病から進展することが多く、当科では冠動脈CTや心臓超音波検査等を行ない早期診断を心がけております。心臓の周りの血管が狭くなる冠動脈疾患に対しては、複雑な病変でなければカテーテルによる冠動脈治療を行います。
最も多い症例は、狭心症の冠動脈造影(心臓カテーテル検査)で約2~3日の入院期間、第3位の冠動脈インターベンション(PCI)は約3~4日の入院期間です。第2位は心不全で、平均年齢は80歳を超え、高齢者の患者さんが多い疾患です。第4位は睡眠時無呼吸で、1泊2日の検査入院です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 15人 6.87日 6.17日 0.00% 0.00歳
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 11.32日
100380xxxxxxxx 体液量減少症 9.12日
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 5.71日
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2-なし 6.14日
当院には産婦人科があるため、出産後の新生児の入院が多く、黄疸・低体重・一過性多呼吸などの症例が多いです。産婦人科医と協力して新生児の診療を行なっております。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 89人 4.45日 4.96日 0.00% 66.10歳
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 55人 8.11日 7.30日 0.00% 62.35歳
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 48人 8.02日 7.75日 0.00% 59.27歳
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 47人 6.06日 5.49日 0.00% 33.02歳
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 46人 3.43日 2.67日 2.17% 69.89歳
当院では、鼠径ヘルニアの手術を積極的に行なっており、第1位の症例となっております。また、当院は地域密着型の病院であることから救急疾患の割合が多く、外科では、患者さんへの負担が少ない消化管・膵胆道系に対する内視鏡治療から腹腔鏡手術まで、緊急時でも対応できる体制を整えております。上位5疾患の平均在院日数は、いずれも3~8日と短期間の入院となっております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 96人 31.66日 26.30日 44.79% 81.39歳
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 67人 22.22日 22.27日 0.00% 61.75歳
070370xx99xxxx 脊椎骨粗鬆症 手術なし 34人 27.38日 21.47日 29.41% 80.65歳
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 31人 5.48日 5.68日 0.00% 68.84歳
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術あり 定義副傷病なし 20人 4.10日 6.07日 0.00% 49.70歳
整形外科では、脊椎・上下肢の外傷などの幅広い疾患を受け入れております。
最も多い症例は、大腿骨近位部骨折で、高齢者の転倒などでおこりやすい症例です。術後の経過により更にリハビリが必要な場合は、専門のリハビリテーション病院へ転院することも多いため、転院率が高くなっております。
第2位は、股関節骨頭壊死・変形性股関節症で、股関節疾患を専門とする常勤医師がおり、全国各地から多数のご紹介をいただき、当科の特徴的な症例となっております。第3位は、脊椎骨粗鬆症で、高齢者の骨粗鬆症による胸椎・腰椎の圧迫骨折を含みます。
整形外科外来では、股関節外来・脊椎外来・スポーツ外来などの専門外来も予約制で行なっております。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 57人 11.02日 9.70日 0.00% 34.21歳
120140xxxxxxxx 流産 40人 1.78日 2.45日 0.00% 34.85歳
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 30人 10.50日 9.63日 0.00% 32.10歳
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 30人 7.00日 6.28日 0.00% 40.87歳
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2-なし 28人 24.36日 19.69日 17.86% 28.00歳
最も多い症例は、既往帝切後妊娠や骨盤位妊娠など、予定の帝王切開術を行う症例です。
第3位は、胎児胎盤機能不全や微弱陣痛など、緊急帝王切開術を行う症例です。当院では、麻酔科・小児科などが協力して緊急手術に対応しております。また昨年度は、帝王切開術(選択・緊急)は96件の実施がありました。
第4位は、卵巣腫瘍です。当院では患者さんへの負担が少ない腹腔鏡手術・子宮鏡手術を積極的に行なっております。
第5位は、早産・切迫早産です。急を要する症例も多く、高次医療機関への転院も少なくありません。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 56人 9.39 12.58 0.00 56.71
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 定義副傷病なし 38人 3.16 2.53 0.00 73.63
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 定義副傷病なし 14人 10.93 7.40 0.00 78.64
110290xx99x00x 急性腎不全 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病なし 13.16
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 手術なし 9.02
最も症例が多いのは、尿路感染症です。平均年齢50代と比較的若く、9日程度の入院期間となっております。
第2位は、前立腺癌に対する前立腺生検で、当院では2泊3日で行ないます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 13人 10人 10人 1 7
大腸癌 11人 11人 15人 28人 25人 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では、主に外科で大腸癌を多く診療しています。結腸悪性腫瘍手術や直腸切除術などの手術だけでなく、抗癌剤治療もおこなっています。
「再発」の患者数には、化学療法目的で計画的に入退院を繰り返している方が多いです。
大腸癌の不明は28件あり、大腸ポリペクトミーなど早期退院をするため病理結果が未着のものが含まれています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13人 13.85日 53.92歳
中等症 142人 22.32日 83.91歳
重症 43人 23.00日 86.44歳
超重症 11人 31.55日 87.45歳
不明
傷病名が肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎の患者さんが対象となります。重症度が高くなるにつれ平均在院日数が長くなり、平均年齢が高くなっています。当院では、比較的若い方で軽度の肺炎は外来治療が多いため、入院では中等症~重症の患者さんが多くなっております。また、肺炎は当院の症例別入院患者数の第1位となっております。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 50人 18.88日 76.48歳 17.14%
その他 20人 19.80日 81.70歳 4.29%
脳梗塞では約7割の患者さんが発症日から3日以内に治療を受けられています。脳梗塞の患者さんの平均年齢は76~81歳と高齢の方が多くなっております。脳梗塞の合併症・後遺症を防ぐためにはリハビリテーションが非常に重要となります。当院には専門職である理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が在籍し、リハビリテーションの早期実施を積極的におこなっています。また2019年度より脳神経外科の常勤医師が入職したため、手術を含めた脳外科治療と神経内科専門医による内科的治療の両面から、患者さんの診療にあたっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K654 内視鏡的消化管止血術 26人 3.08日 14.69日 7.69% 76.38歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 22人 0.64日 1.32日 0.00% 74.14歳
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 14人 29.86日 25.43日 28.57% 83.07歳
K722 小腸結腸内視鏡的止血術
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術
最も多い手術は、内視鏡的消化管止血術です。消化管出血に対し、内視鏡検査で出血箇所を特定し止血処置を行ないます。
第2位は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。便潜血検査や注腸検査を経て、内視鏡検査でポリープが発見された場合、将来がんに変化する可能性のあるポリープや既にがんに変化しているポリープが切除の対象となります。また、ポリープ切除後の病理診断によっては追加の手術を要する場合があります。
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 31人 2.29日 3.65日 0.00% 73.03歳
K5972
K5492
K597-2
K616
最も多い手術は、経皮的冠動脈ステント留置術です。カテーテルという細長い管を太ももの付け根、手首あるいは肘の動脈から冠動脈まで挿入し、このカテーテルを通じて冠動脈の狭窄や閉塞に対して、ステント(金属製の網目状のパイプ)を挿入し血管を拡張する治療です。平成30年度の症例数は31人で、主に狭心症の患者さんに行なわれております。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 82人 1.15日 2.48日 0.00% 63.77歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 80人 1.11日 6.06日 0.00% 62.86歳
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 47人 0.36日 4.77日 0.00% 33.13歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 47人 0.85日 1.98日 2.13% 70.23歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 25人 6.64日 13.00日 0.00% 74.24歳
最も多い手術は、鼠径ヘルニア手術です。入院期間が短くて済む、メッシュと呼ばれる補強材を使用して隙間をふさぐダイレクトクーゲル法を主に行っていますが、腹腔鏡による手術も増えております。
第2位・第3位も、腹腔鏡による手術です。当院では、大腸がんなどの待機的手術以外に、腹部救急疾患に対する治療にも積極的に腹腔鏡下手術を導入し、術後の痛みの軽減や、入院日数の短縮を目指しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 72人 1.19日 21.14日 0.00% 62.64歳
K0461 骨折観血的手術(大腿) 66人 5.12日 23.09日 39.39% 78.50歳
K0462 骨折観血的手術(前腕) 56人 2.79日 10.64日 1.79% 63.30歳
K0811 人工骨頭挿入術(股) 49人 5.55日 24.27日 40.82% 81.08歳
K0463 骨折観血的手術(その他) 16人 1.38日 4.44日 0.00% 47.63歳
最も多い手術は、人工関節置換術(股)です。加齢に伴って起こる関節の変形が原因の変形性股関節症に対して多く行われており、平成29年度より15人増加しております。
第2位は、骨折観血的手術(大腿)です。高齢の方の転倒や転落による大腿骨頸部骨折に対し多く行なわれています。術後2~3週間での退院を目指しておりますが、手術後の継続としてリハビリテーションの専門病院へ転院するケースもあるため、転院率が比較的高くなっています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 49 1.16 8.94 0.00% 34..10歳
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 43 0.84 5.23 0.00% 41.63歳
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 40 0.95 8.98 0.00% 32.75歳
K9091ロ 流産手術(妊娠11週まで)(その他) 34 0.74 0.00 0.00% 34.50歳
K861 子宮内膜掻爬術 14 0.50 0.14 0.00% 50.36歳
最も多い症例は、帝王切開術(選択)、第3位が、帝王切開術(緊急)です。当院の年間分娩件数は422件で、約2割が帝王切開術の分娩となっています。平均年齢は30代前半で、夜間の緊急帝王切開術にも対応しています。
第2位は、腹腔鏡下の子宮付属器腫瘍摘出術です。症例数は43人で、平成29年度より2倍以上増加しております。当院では患者さんへの負担が少ない腹腔鏡手術を積極的に行なっております。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) 16人 1.25日 8.56日 0.00% 79.44歳
K830 精巣(睾丸)摘出術
K8412 経尿道的前立腺手術(その他)
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
最も多い症例は、膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)です。膀胱癌に対する手術で、尿道から内視鏡を挿入して腫瘍を切除します。
また、経尿道的前立腺手術(その他)は患者さんの体への負担が少ない内視鏡を用いた安全な手術です。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 11人 0.28%
180010 敗血症 同一
異なる 12人 0.30%
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 19人 0.48%
異なる
入院契機の病名と「異なる」とは、入院中に主たる病名が重症化して、DICや敗血症を発症したと考えられます。また当院では手術や処置の際に起こりうる合併症について、事前に十分に説明を行い、発症が最小限になるよう努めています。
更新履歴