診療科別専門医療

股関節疾患について 渥美敬医師

股関節外来のご案内

股関節の病気は、診断・治療が難しい分野で、成人の変形性股関節症大腿骨頭壊死、小児のペルテス病大腿骨頭すべり症など、重篤なものが少なくありません。

当院の整形外科では、股関節外来(予約制)を行っております。 股関節の病気でお悩みの方は、ご受診ください。

担当医紹介

久保 宏介医師
久保 宏介 医師
佐々総合病院
整形外科 医長
渥美 敬医師
渥美 敬 医師
佐々総合病院
特別顧問
股関節センター長

渥美敬医師は、平成27年3月までは、昭和大学整形外科教授として年間200例に渡る多くの重症の股関節疾患の治療にあたってきました。
大腿骨頭壊死症に対し、自分の関節を温存する手術「骨切り術」を非常に多く行なっています。
関節温存手術について研究し、今では新しい手術法を開発、股関節の再建手術を長年に渡り多く経験しております。難易度の高い手術のため、日本のみならず各国から整形外科医が、当院に手術の見学に来られます。

また、小児専門病院から紹介で来られた、治療に難渋する重症のペルテス病や大腿すべり症のお子さんに対しても、「骨切り術」を行っています。

術前・術後の状態

人工股関節置換術の手術壮年期から高齢の方に多く発症し、歩行のみならず普通の生活に難渋する疾患 末期変形性股関節症に対する「人工股関節置換術」も実施しています。「人工股関節置換術」は特殊な例を除いてMIS(Minimum Invasive Surgery, 最小侵襲手術)で行っており、術後早期歩行、2~3週での退院を目指しています。手術後1、2カ月で、普通の生活に復帰可能となり生活の質が著しく向上します。また、年齢に応じて人工股関節の種類を使い分け、より生活にあった手術に対応しております。

整形外科

外来担当医表・医師紹介

研究発表・講演について (医師を対象としたもの)

第3回武蔵野股関節カンファレンス

日程:平成31年2月23日(土)16:50〜
会場:三鷹産業プラザ
詳細はこちら>>

スイス ベルン大学で行われた股関節国際シンポジウムにて講演

BERN HIP SYMPOSIUM, FEBRUARY 1-3, 2018
(2年に1度スイスのベルン大学で行われる高名な股関節シンポジウム)
演題:High degrees posterior rotational osteotomy for the treatment of Severe osteonecrosis in adolescents and young adults
日程:平成30年2月1日~3日
会場:スイス

海外から招かれた講師全員の記念写真

ベストドクターズ選出

渥美医師は、米国ベストドクターズ社から医師同士の評価によって選ばれる”The Best Doctors in Japan ”に2008-2009年から選出されています。現在6期目です。

bestdr-2016

【Best Doctorsの選出方法について】
医師同士による相互評価でBest Doctorsを選出しています。
この調査は医師に対し、「もしご自身またはご家族がご自身の専門分野の病気にかかった場合、自分以外の誰の手に治療を委ねますか?」というアンケート(ピア・レビュー調査)をお願いし、一定以上の評価を得た医師を、Best Doctors in Japan™として選出しています。
また、この調査は定期的に実施し、常に医療の最前線で活躍している医師を選出しています。

手術見学

平成28年6月 東北大学病院 千葉医師と関西医科大学附属病院 おおえ医師が手術見学に来られました。
ope_k

平成31年3月 メキシコの整形外科医であるMario Martinez Villalobos医師が渥美医師の手術見学のためご夫妻で来日されました。

ご予約・お問い合わせ先

診療日 ※完全予約制

ご質問等ございましたら、整形外科外来までお気軽にお問い合わせください。
また、ご予約はお電話か直接整形外科外来で受け付けます。
TEL 042-461-1535(代表) 担当:整形外科外来
予約電話受付時間 平日14:00~16:00